2000000186269

実写ドラマ化されるなど、今でも根強い人気がある「きみはペット」。(作者:小川彌生)
外国にも出版されており、海外人気も高いとの評価です。
こちらのレビューをしていきたいとおもいます。

気になる続きはこちら

きみはペットの登場人物

巌谷 澄麗(いわや すみれ)

高身長、美人、東京大学を卒業後ハーバード大学へ留学、卒業。その後新聞社に入社したまさにエリート。
会社内では「クールビューティー」、「高嶺の花」と言われるも、「近寄りがたい、仕事のこと以外で話しかけづらい」と思われているのが悩み。
心の中ではお喋りに混ざってフランクな関係を築きたいのに、とモヤモヤしストレスが爆発するシーンもあります。
思い込みが激しい、というより軽い妄想癖があるようで、そのギャップにも惹かれる要因があるのではないかと思います。ヘビースモーカーですが、料理が得意という家庭的な一面も持つ主人公です。

スマホで立ち読みする

モモ(本名:合田 武志(ごうだたけし))

幼少期からクラシックバレエをしており、新聞で特集を組まれた経験があるほどの実力者。
だが、「(男性バレエには)身長が低い」という理由とキッカケで挫折。
見た目は大きな瞳とくるくるのくせっ毛、性格も相まって可愛い・癒し系の男の子。
本編中、モダンダンスへ転向しオーディションを受けるなど精力的に活動している。

蓮實 滋人(はすみ しげひと)

東京大学出身の、スミレの先輩であり恋人。高身長の所謂イケメン。
そのため、多方面から女の子のお誘いの声はあるようだ。
スミレと同じ会社に勤めているが、支社が違ったりと物語の最初のほうには出てこない。後にスミレと同じ勤務先になり、恋人となる。
とても素直な人で、悪く言えば騙されやすい性格をしている。
恋愛にとても誠実で一途な人である。

無料試し読みへ

きみはペットのネタバレと結末は?

物語の始まり・・・・
仕事が終わり、疲れた体で家路につくスミレ。そこに大きな段ボール箱を見つける。
訝しげに感じるも、そこに入っていたのはモモ。人間だったのだ。
モモは困っている様子で、行く所もない、逃げてきた、と言うので「ペットでよければ」とスミレはモモとの同居生活をスタートさせる。
モモが「名前をつけてよ」とスミレに言った所、昔飼っていた犬の名前からモモと名付けられる。

モモにおつかいや家事をお願いしてみるも惨敗。
親友のユリにはモモの存在を話しており、「恋愛感情とか湧かないの?」と問われるも、スミレ曰く「完全に愛玩用」と恋愛として全く見ておらず、モモの髪を撫でたり、作った料理を美味しそうに食べる姿を見ることがストレス発散になる。
嫌なことがたまれば、モモの前だけ弱音を吐いて、大泣きだってする。そう、それはモモの前だけ出来る行為でした。

無料で立ち読みする

そうしていくうちに二人の間に信頼関係が築かれ、二人の生活は順調に思えたのですが・・・。

そうしているうちに、蓮見と恋人同士に。
「モモという犬を飼っていて早く帰らなければいけない」というスミレに、ペット用品をプレゼントをしながら、「まるでシンデレラのよう」と純真に受け止めスミレを尊重する蓮見。
当然、スミレの家に来る時もあり、ユリから犬を借りてその場を凌いだり、モモは「勉強を教えてもらいに来ているはとこ」と紹介し、二人で一緒にゲームをするなど蓮見とモモにも友情のようなものが芽生えるシーンも。

そうして蓮見は香港支社への出向を命じられてしまいます。
その際プロポーズされ、ついてきてほしいと言われるのだが、「モモとの生活を捨てて・・・」と苦悩する。結局、スミレは日本に残り、遠距離恋愛がスタートします。
電話をしたり、たまに香港へ会いに行ったりと二人なりにそのスキマを埋めていくのだが、ここで事件が発生してしまいます。

日本で出会い、蓮見に言い寄っていた女性、福島 紫織(ふくしま しおり)が香港のとあるお店で売春婦として働いていることが発覚。
蓮見はそんな彼女を放ってはおけず、モモとスミレの本当の関係を知っている福島は「じゃペットとしておいて」と蓮見に持ちかけ、半ば無理やり同居生活がスタート。
「フクちゃん」という名前の猫とスミレに紹介している。

無料試し読みへ

お互いが「人間の」ペットを飼っているのを秘密にしながら続く遠距離恋愛。

モダンダンスで軌道に乗っていくモモが海外公演のため香港空港に立ち寄った際、蓮見と福島のツーショットを目撃し、とっさに写真をおさえます。
「スミレちゃんになんて言おうか・・・」と悩むモモだが、モモの部屋(ロフトだが)にその写真を見つけてしまうスミレ。

そしてフクちゃんという名前から、「浮気していたんだ・・・」と確信するスミレ。
限界だ、と感じ、蓮見に福島の存在に気付いてることは告げず、「あなたの前では最後まで泣くことも出来ませんでした」と別れを告げる。

そうして落ち着いた頃、モモはこの家を出ていく決心を固める。
「まるでシェルターのような場所だった」と二人の生活を振り返りながら、外国でのダンス養成所に所属し、ちゃんと稼げるようになったら結婚しよう。というモモの言葉を受け止め、二人は結婚前提のお付き合いをスタートさせる。

大人ラブコメディ、モモとスミレの遠距離恋愛の様子など、幸せな二人のラスト、ご堪能下さいませ。

スマホで立ち読みする