9784829685259

表紙を見るとびっくり。どう見ても“虎”な男性とイケメンな青年が仲睦まじげに並んでいます。元ハルヒラさんの『虎穴ダイニング』は、そんな不思議カップルが織りなすBL漫画。虎の可愛さに思わずほっこりしてしまう、新感覚作品です。

無料立ち読みの詳細へ

虎穴ダイニングのあらすじ

主人公の喜多見アカルは、ホストとして働く明るい青年。

ある日“日向さん”という青年とルームシェアを始めることになります。
「自分は覆面レスラーだ」と言う日向でしたが、虎の頭はどう見てもマスクじゃない本物だし、よく動く尻尾も生えています。

喉をなでるとごろごろ言うし、レスラー並みのごつい体つき以外は完全に“本物の虎”。

しかし、アカルは日向を信じて一緒に生活していくことに。
最初こそ日向を「変な人だ」と思っていたアカルですが、一緒にご飯を食べたり出かけたりしていくうちに、言葉少ない日向のあたたかさを次第に知っていきます。

近隣住民にも好かれている心優しい虎——そんな日向にアカルはどんどん惹かれていきます。

そして自分の好意が“恋心”だと気付いたアカルは日向に告白。しかし日向はアカルの気持ちを受け入れません。

少しずつ距離を縮めつつもなかなか一線を越えようとしない日向に、アカルは猛アタック。2人が無事恋人同士になれる日はくるのでしょうか……!?

スマホで立ち読みする

虎穴ダイニングのネタバレ

「一体日向さんは何者!?」というのが多くの読者の疑問になると思いますが、実は日向について多くのことは語られていません。

アカルは「虎のマスクをかぶっているだけだ」と信じていますが、アカルのホスト仲間は「どう見てもマスクじゃない」と言い切っています。

そんな日向が一度だけ、自分の過去のことらしきエピソードをアカルに聞かせた場面があるのです。
あくまで本人は「あるレスラーの話」としか言っていませんが……。

かつてとあるレスラーが、試合中、観客の少年に怪我を負わせてしまいました。

レスラーは心を痛め、少年のために虎のマスクをかぶって見舞いに行きます。
その姿で、怪我を負わせた悪いレスラーを倒してあげると言うと、少年は大喜び。レスラーはそれ以来マスクを取ることはなく、いつしか虎のマスクが本当の顔になってしまっていたのでした。

このエピソードは果たして、日向さん本人のエピソードなのでしょうか?
そして本当だとしたら、日向さんの傷ついた心が癒えることはあるのでしょうか?

本編を無料立ち読み

虎穴ダイニングの感想

顔(と尻尾)だけとは言え、本物の虎が攻めという異質のBL漫画。

「攻めまくった設定だなあ」と思いましたが、実際読んでみるととても面白いです。というか、アカルがかわいい!
最初職場で女の子に囲まれながら日向を「変な人」と評しているのを見たときは「こういう、ちょっと嫌味なキャラでいくのかなあ」と思っていました。

が、日向と初めて外へ出かけたとき、ふいに日向に持ち上げられて顔を赤くしたアカルにハートを持っていかれました。

意外と乙女なんです、彼。その後も日向に好かれようと右往左往するアカルから目が離せなくなります。
アカルが告白したとき、酔ってるんだろうという日向と酔ってないと言い張るアカルのやり取りが描かれるのですが、酔っていたとしても酔ってないとしてもアカルの赤い顔はやっぱり可愛い。

ただ、なかなかこの2人進展しないので、その点は今後に期待ですね。やっぱりBL読者としては、甘いラブシーンも欲しいところですから。

本編を無料試し読み