9784040677941

ノンケで朝が苦手な甘党サラリーマン宮本くん(攻)と、様々な世代の人達に人気のカフェ「cafe kilns」を友人と営むゲイでスーツ大好きの森さん(受)のカフェを舞台にしたオムニバスラブストーリーです。

スマホで立ち読みする

ミルクと黒砂糖のネタバレ

もともと年上好きの宮本くんは、朝が起きれず、起きてもまた寝てしまい…サッカーで言うところの「ロスタイム」へ…どうにか起きて森さんとやり合う会話が面白いです。

森さん 「宮本選手サラリーマン引退ですかね。」

宮本くん「引退して森さんのお嫁さんになる。」

森さん「森さんは〜いっぱい稼いで来てくれる森くんが好きだな〜。」

そんな可愛いやり取りのあと、遅刻寸前の宮本くんはやる気満々で家を出ようとするも、朝ごはんが大好きなオムライスだったのを目にします。

宮本くんは何故!遅刻寸前で食べれないのにオムライスにするのかと怒りますが、森さんは宮本くんが朝からオムライスが出たらめちゃめちゃ嬉しいと言っていた事を伝えます。しかし時間がなく食べれないのに、食べたいオムライスを作ってくれた森さんにキレて出社します。

会社に到着して朝の出来事を回想して、とてつもなく後悔する宮本くんですが携帯と鍵を忘れて来たのに気づきます。そこで先輩への一言…

「…ケータイをベッドに寝とられました…」

しかもポケットには飴ゴミばかり…というのも結構笑えます。

その頃森さんはカフェでお仕事をしています。にやついている森さんに共同経営者の中川さんはどうしたのか聞くも、鍵と携帯忘れた宮本くんが
どんな顔してくるのかが楽しみだと…

さて現れた宮本くんは何故か中川さんの視線さえも反らし、しかし諦めて一気に森さんに謝ります。

そこで出てくるオムライス!に幸せを噛みしめる宮本くんなのです。そしてそんな宮本くんに幸せを感じる森さんでした。

本編を無料試し読み

ミルクと黒砂糖の感想

個人的に絵が物凄く好きです。綺麗でお洒落です。特に宮本くんは凄く綺麗で可愛い顔をしていて、めちゃめちゃタイプです。

カフェというだけあって、お店もお洒落だし、出てくる小物やご飯もお洒落に描かれています。

あとは、セリフの一つ一つも味があって面白かったです。
特に 宮本くんの一挙一動がかなり笑えました。何故そこでそのキレ方…そしてその逆キレに反省して一言「嫌いにならないで…」ここは何故か可愛くってきゅんとしました。
そして森さんの返しも格好良いです!そりゃ宮本くんもきゅんきゅんするわけです。

エロはなく下ネタアリでしたが、本当にとても面白かったです。脇役も脇役かっ?ていうくらいの個性かつインパクトがあって良かったです。
中でも大好きなのは中川さんでした。眼鏡がよく似合う細身のさらっとしたキャラクターでナイスな突っ込み満載でした。
とくに「チンしてオムライス半熟じゃなくなってるしな。」が良かったです。
そして中川さんは女の子と付き合っていますが、その女の子はパッと見男の子というのも面白かったです!

あとは電子版で読むと、最後の色つき箇所があるのにちょっとじーんとしました。なんと言うかプレゼントを貰った気になりました。
最終話では宮本くんと森さんの付き合うまでのお話でした。
最後のカラーページの部分は素晴らしかったです!

スマホで無料立ち読み