2000000227384

主人公は「田中まりりん」まるで嘘の様な名前の女の子。(父親がマリリン・モンロー好きでつけたとの事です。)
コネ入社で大手商社「近江物産」の末端の資材管理課で働くおちこぼれの女の子。

無料試し読みの詳細へ

悪女のあらすじ

ある日出勤時に運命の「T.O 」さんとの出会います。まりりんは必死で彼を探します。しかし大手商社の社員数ははかり知れない人数。
しかも研究室もあれば海外支部もある始末。ここの末端にいては彼を見付け出すことは永遠に叶わぬ夢に…

しかしまりりんはただのOL ではなかったのです。末端で駄目なら上を目指せば良い!と出世を目指します。
とにかく頑張り屋さんで、同室の女性「峰岸さん」(←後に物凄い人だと判明します。)に助言を受けて出世に向かって頑張ります。

人一倍の頑張りと純真さ素直さそして強さ、いくらお酒を呑んでも大丈夫なザルの身体と宴会芸やオセロを武器にどんどん出世をしていきます。

このお話を読むたびに、仕事がしたい!と思います。

どんなに小さな事でも一つ一つ一生懸命やっていけば、必ず自分の糧となり願いは叶う!と希望が沸いてくるまりりんを中心に起こるお仕事と恋愛のお話です!

スマホで立ち読みする

悪女の最終回ネタバレ

必ず冒頭に出てくる表紙がテレビのゲーム画面。
物語が、仕事が、人生がまるでゲームのように進みます。
敵が現れたり、レベルが上がったり、アイテムが手に入ったりします。

その中で出てくる魔法の言葉がとても素敵なのです。

「あなたに魔法をかけましょう。私を好きになりなさい。」

なんというか、女の武器が一切ないまりりんが、一途一目惚れのT.O さんに近づきたい想いが切ないです。

【多彩な登場人物】

なんといっても個性的な登場人物の数々が皆とても魅力的です。

峰岸さんはケチだけど、実は物凄い人だし、ゴエモンおじさんはめちゃめちゃ偉い人だし、小野さんなんか最初はめちゃめちゃ嫌な男だったのが、いつのまにかとても熱い男になってるし!(登場人物が多すぎて全然紹介しきれません。)

特に最初はまりりんを敵視して、どうにかまりりんをクビにしてやろうとか、失恋させてやろうとか色々イヤーなキャラクターなのですが、まりりんと出会って関わっていくことでどんどんまりりんを認めて好きになって味方になってしまうのです。

要はまりりんがめちゃめちゃ魅力的ということなのですが…

登場人物も若い女の子からよぼよぼにみえるおじいさんから、本当に脇役がいないのです!トイレ掃除のおばさんでさえも重要な鍵を握っていたり…
読み返す度に展開は知っているはずなのに、嫌なキャラクターだー!とイライラドキドキしてしまいます。

【実はモテモテまりりん】

最初はまりりんをただのおちこぼれだとバカにする男性たちは、いつのまにかまりりんを好きになっています。(しかも女性に大人気の山根さんは、最初からまりりんを慕って、好きになります。)

個人的には小野さんがめちゃめちゃ好きです。最終的には「妹みたいなものです…」と言っていましたが、

切ない…

その前の「奪いますよ。」的なやりとりがめちゃめちゃぐっときました。出来れば小野さんと一緒になって欲しかったです。

岡ちゃんさんもかなり好きなキャラクターでした。

【とても構築されたストーリー】

毎回出てくる「敵」に行く手を阻まれるのですが、必ず突破口を見つけて進むストーリーなのですが、そのストーリーに全然無理矢理感を感じないのです。
相手が若い女の子だったり、高級クラブのママだったり、今まで仲間だった人が敵になっているのですがキーワードが「出世」なので仕事が絡んできます。

大手商社の仕組みが説明されていて、自分も働いている気分になります。

20年以上前の作品なのに今読み返しても、ハマります。作者様は相当な知識を持っている方だな、と思いました。

題名を見て、悪女が男性を手玉にとる話かと思ってなかなか読まなかったのてすが、そんな女性たけが悪女というわけではない!と切実に感じました。

まりりんこそ、本当の「悪女」でした。

スマホで無料立ち読み