2000002059212

欲望の街。銀座。そこで一人輝く女性がいる「桜子」です。華やかな叔母である佳代にあこがれて上京。そこでネオン蝶(ホステス)になることを決意。しかし、そこには余りにも悲痛な人生そして桜子を取り巻く環境がありました。
果たして、桜子は幸せになることができたのでしょうか?

無料試し読みはこちら

ネオン蝶のあらすじ

主人公ある「桜子」は19歳の春に地元を離れ単身、叔母の元へ引っ越しをしました。
その叔母は以前、銀座でナンバーワンとまで言われたホステスであり、時々家に来る叔母に興味を示していました。

ひときわ輝く宝石、独特な振る舞いやオーラ。それら全てが桜子にとって刺激となり、いつかその思いは「叔母と同じくネオン蝶になる」というものに変わってきました。

季節は流れ、19歳。
以前、叔母は「19歳になったら上京しておいで」と言い残していた事を桜子は覚えていました。
その19歳。これから待ち受ける運命や人生を何ら知らず桜子は一人、叔母の元をへ行きました。

すると、叔母は以前とは変わっており、銀座で働いておらず場末のスナックで働いていました。
これには裏があり、それは本編で詳しく語られています。

無料試し読みはこちら

ですが、それでも叔母には魅力があり、桜子はネオン蝶になることを変えようとしませんでした。
当時、叔母は一人の男性と同棲をしていました。その男性とは結婚しておらず、仕事は叔母が働くスナックのバーテンダーでした。

叔母とその男性、そして桜子の3人の生活が始まりました。
もちろん、叔母は自分が務めている店に桜子が働けるように動いてくれます。

そして、初めての出勤。普段しない化粧をした所見違えるほど美人になり、自分じゃないような印象を受けます。
初出勤。クラブというよりもカラオケスナックという名前が相応しい、どこにでもあるような雑居ビルの一室で行われているお店。

当然来る客層も銀座に比べると劣ってしまい、初日から客にセクハラ行為をされますが、我慢をします…
そうこうしていうちに月日が経ち、3ヶ月。

桜子も仕事になれてきており、客とうまくコミュニケーションを取ることができています。
桜子の売りは「処女」と「幼さ」でした。

その処女をめぐって、叔母はあることを思いつきます。
それは借金の肩代わりに桜子の処女を売るというものです。果たして…

スマホで無料試し読み

ネオン蝶のネタバレ

ネオン蝶のネタバレとしては、最終的には銀座の一流ママとして活躍することになります。
桜子ママという名前で自分のお店を持つことになります。

当然、そこには幾多の物語がありました。パトロンになったこともあり、そのパトロンからの変態行為にも我慢し機嫌を取ることに努めます。
更に、実の親にも大きな勘違いがありました、それは今まで田舎に居た実の両親が本当の両親ではなく、とある人が母親・父親であること知ります。

それを巡って、様々な人から話しを聞き動き、考え振る舞わされと桜子の大きな転換となりました。

無料立ち読みはこちら

また、叔母である佳代にも大きな進展があります。
以前までは場末のスナックに務めていましたが、それが一転し銀座に超大型店舗を出店することになります。

それは桜子が居た店に対して宣戦布告をし、叔母VS桜子という構図が出来上がります。
ここから大きく物語が動いていき、叔母と桜子だけでの問題ではなく、銀座全体を取り巻く問題へと発展します。

なぜ、場末のスナックで働いていた叔母が銀座に大型店舗を持つ事ができたのでしょうか?
もちろん、莫大なお金が必要であり、それを叔母は当時持っていませんでした。では、どうしてお店をオープンすることが出来たのでしょうか?

それはとある男の影響がありました、その男は桜子にとって生涯忘れることができない人となり、桜子を苦しめることになります。

無料立ち読みの詳細へ

ネオン蝶の最終回の感想

最終回は、一応ハッピーエンドとなりますが、若干ご都合主義が出ています。

もう少し物語としては引っ張ることができたと思います。
話的には、桜子がピークの頃で終わりますが、その後日談があってもよいかなと思います。

例えば、お店を持って10年経過して過去を振り返るようなものであってもいいですし、年齢的にママをやることができなくなり、そこから自分の半生を振り返るというものでも良いです。

最終回を読んだ時「えっ、これで終わり?」と思ったくらいあっさり終わりました。

無料試し読みはこちら

桜子が経営しているお店自体はそれほど大きなトラブルもなく、いい感じに経営することができていますが、実際にはもっと多くのドラマがあると思います。

不景気により人が全く来ないこともあったり、従業員が裏切ったり、刺客を送られ店を大混乱に陥れたりと…
ドラマのようなものはありませんが、この「ネオン蝶」は全10巻であり、1日で読むことができるのでオススメです。

エッチなシーンも豊富にあるので、男が読書しても良いですし、桜子がどのような人生を歩んできたのか、そこにどういうドラマがありどう乗り越えたのかを勉強する意味で女性が読んでも良いです。

また、今まで見てきた作品の中でも群を抜いて絵が綺麗なので読み応えもあります。
特に桜子はキレイに描かれており、惚れてしまう人もいるのではないでしょうか?

無料立ち読みはこちら